外反母趾が痛い 合う靴がない

私も一応、シューフィッター(プライマリー)足と靴NO1

私も一応、シューフィッター(プライマリーだけど)、他にも別の協会で歩き方を見たり、テーピングの資格も取得した。

私は男だが、婦人靴の販売店にいる。周りはほとんど女性の販売員だし、東海地方のお客さんは男性販売員は敬遠される傾向がある・・・・

よくある外反母趾が痛いから、幅広げてください、伸ばしてください。・・・・・

意外にこれって、外反母趾が痛い人じゃなくって、肌質が柔らかい人(こんにゃく足)の人に多いパターンだ!・・・

ほかの店でそんなこと言われたことない!」・・・・中には食って掛かってくる人もいる。

それもそのはず、ほとんどの販売員がお客さんの足を触って、接客なんてした経験がないからです・・・
100人も触れば、一目瞭然じゃない、一触瞭然!

分かってくれる人には、ストッキングはNG、タイツや裏起毛のタイツ、靴下などちょっとでも肌と靴の間の緩衝材を厚くすることをすすめるね。

ただ、「そーですか」で足質も見ず、預かって、ストレッチャーに掛けちゃう販売員は、・・・・
これがほとんどなんだけど・・・一生、痛さと足の柔らかさの関係が分らないまま終わる。

っで、言っても分からないお客さんに、最終の速攻3点セットが出るわけ。

①まず、靴・革用柔軟剤(ネットショッピングでも買える)を100均一で買ってきた空スプレー容器などに入れて、革の内側からプシュプシュ・・・・

②続いてポイントストレッチャー(こちらもネットショッピングで4、5千円で買える)で革を挟み込んでグイグイ・・・・

③続いて、最後が意外に販売員でも知らない・・・・ミンクオイル・・・
本来これって、紳士靴のアウトソールが固い革の時、降ろしたてで履くと靴が反らない(返りが固い)ことによって甲が痛くなるのを避けるためにアウトソール革に塗るもの・・・・

効果:速攻で革が柔らかくなるため、お客さんが急いでるとき超有効!!!!!
布にベチョベチョに取って外反母趾部分に塗りたくる、少ししたらまたベッチョリ取って塗りたくる!
の2セット・・・・・・・・ただしミンクオイルのデメリット!・・・非常に油分が多いので、カビやすい!・・・・よく拭き取らないとカビる!